ca526e87282437bddadc6a220745d539_s

ca526e87282437bddadc6a220745d539_s

50代や60代や70代だって婚活する時代です。

70代で諦めずに婚活をしている人からすれば、50代の人なんて、まだまだ子供のような存在です。それなのに、「私はもう50代だから、絶対に結婚相手なんて見つからない・・・」と自爆してしまう人が多いのです。そんな人は、インターネットで50代以上でも婚活をして幸せをつかんでいる人がどれくらいいるのか?リサーチしてみましょう。

口コミや体験談を調べることで、あまりにも多くの成功者がいることに驚愕されることでしょう。一昔前なら、50代から婚活するなんてありえない!とまわりから笑われていたことでしょう。しかし、時代は変わったのです。

なぜなら、現在では50代専門の婚活サイトがあるくらいですから!そのような50代専門の婚活サイトが成り立っているということは、それだけ50代で結婚に成功できている人がいるということです。

50代を過ぎると、どんどん卑屈になっていき、まわりの人を羨むようになります。自分で勝手に腐ってしまい自暴自棄になってしまうのです。しかし、よく考えてみてください。あなたは50代まで独身貴族を満喫してきたのです!だから、既婚者の50代にはない若さと貴重な経験を持っているのです。

おすすめサイトです。参考にどうぞ。→婚活サイト

婚活

リンク用25

リンク用25

小学生での英語が必修になった。
2年生の息子が通う学校では、月に1回くらい英語の時間があるようだ。
ゲームをしたり、簡単なフレーズを使ってみたり。
これはいいことだと思う。やはり、グローバル社会では英語が必要。
英語を勉強してきて、ある程度のレベルまで来れた今、私は英語を勉強してきて良かったと思う。

ニュースでも映画でも、字幕では表しきれない内容を理解することが出来るからだ。
一言一句を字幕にしているわけではないし、意訳していることもある。
(時々、この字幕ではオリジナルの内容を伝えきれていないなと思うこともしばしば。)
そして、自分が住んでいる日本の外には、たくさんの国や言葉があって、知らないこともいっぱいある
ということ。英語を話せれば、世界がぐんと近くなるということ。

そういう発見を、自分の子どもにもしてほしいと思う。
そして、海外に飛び出して改めて自分が日本人であるということ、日本はどういう国なのかを知ってもらいたいと思う。
でも、8歳の息子には、まだ真剣に英語教育を受けさせてはいない。
英語は楽しいと思えるくらいの感覚を持っていてほしいなと思うくらい。
小学生になるまでは、英語の前にまずは日本語を習得する時期だと思っていたから。

そうは言っても、英語の発音に早くから馴染んでおくのは有効だと思う。
アメリカ映画でも、アニメでも、歌でも。楽しく五感にしみてくる英語環境を目指したいと思う。
だから、海外ニュースや、海外ドラマをつけていることも多い。
そして、親である私が英語を楽しんでいるところを見せてあげたいと思う。

今のところ、英語が好きだなぁという印象を息子から受けることはないのだが。
しっかり英語を勉強させたいという気持ちと、無理強いしてはいけないんじゃないかという気持ちで
私の気持ちも揺れ動いています。自然に英語に向かってくれるのが一番の願いです。

おすすめのサイトです。こちらも参考にどうぞ→ぐんぐん英会話

ビジネス英会話を学びたいと思っている方、TOEICの教材がおすすめです。

TOEICはもともとビジネスで使える英語表現が多く含まれているので、

すごく効果的です。

そしてTOEICの勉強をすれば点数をアップすることも可能です。

今TOEIC公式問題集最新の5版が出ています。これが特におすすめです。

ビジネス英会話を学びたい場合は

リスクニングパートを重点的に解いていきます。

1度ひととおりやってみておしまいではなく、

その中で出てくるフレーズを覚えるぐらいやりこめば

ビジネス英会話にかなり活用できると思います。

それだけでなく、日常で使えそうな会話表現も出てきますので

普通の英会話の練習にもなります。

1人でやるのもいいですが、

友達とシェアするとお金もかからないですし一緒に勉強することができて効率的です。

ビジネス英語は丁寧な表現が多いので、カジュアルな会話に対して

上品な会話の練習にもなります。

相手を配慮した会話表現を覚えることでどんな場面でも相手に失礼のない礼儀作法も

身につくと思います。

英語にも丁寧表現がもちろんあり、

カジュアルな表現よりも丁寧な表現のほうが好まれるときもあります。

日本人特有の礼儀正さと英語表現をうまく使いこなせればビジネス面だけでなく

いろんな場面でいろんな人と上手なコミュニケーションがとれるようになります。

ぜひ参考にしてみてください。

 

こちらの記事もおすすめ!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

オンライン英会話でおすすめってどこですか?教えてあげます!

 

 

ICレコーダー

友人に教授をされている方や医師が数名いてます。
彼らは年に数回、海外の学会に参加されているそうですね。
もともと頭の良さは私とは比べ物にならないぐらいハイレベルの彼らですが、
学会で話される英語をキチンと聞きとることができなくて困っていると
相談を受けたことがあります。

特に専門用が頻繁に使われる英語でのスピーチや、参加者達との
英語でのコミュニケーションはますます難しくなっているそうですね。

彼らが使う英会話は、私達のそれとは違い、専門的な英会話ですから、
彼れにとって一つヒントを伝えるとすれば、
それは当日に話されている会話の録音をお勧めしています。

最近では、市販されているICレコーダーは、かなりの機能がついていおり、
数時間なら余裕で録音できます。

ICレコーダー
なので、首からでもぶら下げて、当日交わした会話などをどんどん録音してしまいます。
そうすると、その内容は専門的な英会話教材のコンテンツとなりますね。
それを、何度も何度も繰り返し聴くことで、最初は理解できていなかった英文も
意味を調べながら馴らしていくことができます。
専門用語だから聞き取りにくいカモしれませんね。
しかし、そこはその専門分野の世界で仕事をされているのですから、
推測はできます。
逆に一般的な日常会話より推測する幅が限られているので、見当はつきますね。

そのような地道な作業を会議ごとに繰り返していくと、そのコンフェランスで
耳に入ってきた音がだんだんと意味が理解できる言葉に変化していきます。
ある時、突然に「あっ、その意味だったんだ」とAha現象が起こりますよ。

このAhaは、たくさん数をこなした人だけにやって来る素敵な
プレゼントですね。

英語マスター

女性 勉強する

英語の勉強は楽しかったです。
学校の授業ではスピーキングまでには及ばなかったけれど、
文章を使ったものは楽しかったです。

文法も、覚えてしまえばスラスラできたので。

でも、高校ぐらいら徐々に、
プラスして何かやらないと、足りないのではないかと思いました。

高校は地方の田舎にあったので、刺激も無く、
ふつうにやっていればテストで高得点は取れましたが、

ある日、Kちゃんの英語の発音が、
とーっても綺麗なことに気が付き、愕然としました。

テストの点数では私の方が上でしたが、
それではあまり意味が無いことを思い知らされました。

Kちゃんは英語の塾に通っていたのです。
そして、発音まできちんと習っていて、
「本物の英語」を習得していたのでした。

卒業してからしばらくして、
Kちゃんは英語の先生になったと聞きました。

私は都心に来て、英文科の大学に通いましたが、
チャラチャラ遊んでばかりいて、英語も何もかも中途半端でした。

就職した先が、一応、当時希望の会社でしたが、
配属先が英語に関係のない仕事でした。

秘書室に行く用事がたまにありましたので、
そこへ行くと、英語を使ってバリバリやっている秘書さんたちが眩しかったです。

それから、思い直して、
英語を真剣に勉強したのでした。

ノートとボールペン02

 

英語学習についてはこちらのサイトも参考にしてみてください

レアジョブ口コミ

男性 新聞

TOEICの点数は点数別に見るとどのレベルでどのような職業に就くことが出来るのでしょうか。

まず300~400点では特に就職に有利になるわけではありません。あくまでも勉強途中の学生のレベルですので、あえて履歴書には記載しない方がいい場合もあります。

400~500点は英語を常に使用しないけれども、資格として記載したいというレベルの範囲になります。英語の基礎はできているので、基礎から応用に発展していけるように取り組めば、英語を使用する部署などで活躍できるでしょう。

500~600点は一般的な社会人の中では高いレベルになり、海外部門での仕事も可能になってきます。600~700点となると、かなり高いレベルになりますので、海外転勤や英語を頻繁に使用するような部署での活躍も期待できるでしょう。

700~800点、またさらに900点となると、英語を専門とした職業を視野に入れる事ができるようになります。通訳や翻訳を職業とする人は少なくとも800点後半から通常は、900点以上の人ばかりです。

点数によって職業に違いがでますが、点数が低くても、専門用語には強い事から、特定の分野で英語が堪能な人もいます。自分が知っている自分の分野から一般的な英語力を身に付けていくのもスコアアップの1つの方法ですね。

キーボードとタブレット

 

こちらも合わせてどうぞ

TOEIC受験の注意点 リスニング

TOEIC受験の注意点 リーディング

TOECで長いリスニングが終わると、続いてリーディングが始まります。
リーディングも100問で、時間は75分となっています。
75と聞くと長すぎるように思えますが、何せ100問もありますので、真剣に問題を解いていればあっという間です。

TOEICで注意したいのが、リーディングはどこから始めてもかまわないという事です。
リーディングの前半は文章が短いですので、比較的解きやすい問題です。しかし後になるにつれて、長文が出てきますので、時間もかかります。
1つの長文に問題が5つほどぶら下がっている場合、長文を読み損ねると5問分失点してしまいます。これはもったいない。
そこで、最後のページの長文から始めるというのも1つの手です。
長文を読む際は、問題にさっと目を通してから読み始めると効率が高まります。

最初の方の短文の問題はリズミカルに解いていきたいものです。
そこで日ごろから短時間で解けるように時間を気にする練習をしておきましょう。
短時間で説いた分、長文に時間を費やす事ができるようになります。

リーディングもリスニング同様、分からないところに固執しない事が大切です。
マークシートですので、どれかにマークしておけば、1/4の確率で当たる事もあります。1問でも空欄にならないようにしましょう。

時間配分も取り組み方もばっちり!でもありがちなのが、マークが1つずれてた・・・というオチです。これだけは避けるよう、時折確認しながら進めましょう。

就職する際に有効なTOEICですが、英語の試験の中でも世界的に認められている試験として人気は高く、英語を使用する仕事を探す場合にはTOEICの点数が目安となるケースも多くあります。

TOEICの試験を受ける際の注意点にはどのようなポイントがあるのでしょうか。
TOEICの構成はリスニングとリーディングとなっています。
テストは全部で2時間、リスニングが45分、リーディングが75分と分けられています。
テストの様式はマークシート方式で、3択もしくは4択になっています。

TOEICの難点はまず、最初にリスニングからはじまるので、ちょっと焦るという事です。また、普段聞きなれない英語に集中するため、リスニングで疲れ果ててしまう人が多くいます。また、問題数が多いのも厄介な点で、リスニング、リーディング共に100問ずつありますので、途中で集中力が切れてしまわないように気を付けなくてはなりません。

TOEICは世界共通ですので、試験のアナウンスも英語で流されます。
英語のアナウンスですので、実際リスニング試験がどこからスタートしたのか、分からず、一問目を聞き逃している事に後になって気づく人もいます。
アナウンスが終わった事をしっかり聞き取れるように気を付けるのもポイントです。

また、リスニングは2回繰り返し流されますが、それでも聞き取れなかった場合はさっさと諦める事も大切です。問題数が多いので、引きずっているとあっという間に数問ロスしてしまいます。

女性 ヘッドホン

TOEICを受験するにあたり、どのような勉強方法を導入すればいいのか悩むかたもいるでしょう。というのもTOEICは長い受験時間と多量の問題等、他の試験に比べて特殊な点が多いからです。

TOEICの参考書、問題集はかなりたくさん書店に置かれています。
オススメするのは、実践型の問題集です。各パートの問題とTOEICの模擬試験がついているような問題集はオススメです。というのも、TOEICはとにかく慣れる事が大切だからです。極端に言えば、初めて受けるTOEICは練習のつもりで受けて、場の雰囲気やテストの感じになれる為に受験する、それから数か月おきに数回受験してハイスコアを狙うというのが、一番確実です。

初めてのTOEICで、慣れない試験形式により実力が発揮できず、撃沈する事もよくあるので、初回は気にしないようにしましょう。

問題集はできるだけ実践型のもので、慣れておきましょう。
リスニングもしっかり練習しておきましょう。1つ聞き取れなくても気にしない、捨てるつもりで諦めて次の問題に移るという訓練も必要です。

単語はリスニングでもリーディングでも必要になりますので、自分が目指すスコアの単語本を購入して毎日コツコツ覚えましょう。
英語はとにかく毎日取り組む事が大切ですので、単語は電車や空いた時間に目を通し、家ではかならず一度は問題集を解くようにしましょう。

TOEICとは世界共通のテストです。
留学の際にはTOEFLという別の試験が重要視される傾向にありますが、TOEICも同じく大切な試験と考えられています。
最近では社員にTOEICを受けるよう指導する会社も多く、認知度は高まるばかりです。

TOEICを受ける資格は特にありません。誰でも受験が可能です。
受験は各地域で行われており、自分が住む地域によって、指定の受験会場があり、そこで受験する事になります。地域によってはあまり会場数がなく、遠方まで受験しに行かなくてはならない事もあります。また、隣の市の受験会場の方が近いのに、居住地の市内の会場になり、余計に遠いといった事もありがちです。

TOEICは一年間に10回開催されます。開催月は2月と8月を除く残りの月に1度ずつとなっています。全体では10回開催されますが、地域によっては回数が少ないところもありますので、スケジュール表を確認しておきましょう。
申込はインターネット、コンビニ端末、郵送での手続きが可能です。
受験料は5565円となっており、受験料を支払った時点で受け付けされますので、期限までに支払いましょう。

申込が済めば後は受験票が送られてくるのを待つのみです。
受験日当日には、自分の証明写真が必要です。受験票に貼っておく必要があります。

結果は今はインターネットでも閲覧が可能になっています。
公式認定書もありますので、そちらは後ほど郵送されてきます。
TOEICのスコアは有効期限が2年と聞いた事がある人もいるでしょうが、実際は2年たったら無効だという事はありません。
2年経つと公式認定書の再発行ができなくなるというだけで、その時のスコアが無効になるわけではありません。

ノートとボールペン

 

あわせてどうぞ

TOEIC受験の注意点 リスニング

TOEIC受験の注意点 リーディング